マイカーデビューに必須な運転免許の詳細

初めての運転免許は普通免許が最適

"自動車やバイクで公道を走る際には専用の運転免許が必要です。運転免許は自動車学校などの施設で講習を受け、試験に合格することで取得することが可能です。免許の種類によって取得条件や必要な費用が異なりますが、初めて運転免許を取る際は普通自動車の運転に必要な普通免許を選ぶのが最適です。これは普通免許の普及率が最も高いことと、運転操作が易しいのが大きな理由です。普通免許を持っていれば普通自動車の他に、排気量50cc以下の原動機付自転車とコンバインなどの小型特殊車両の運転が出来ます。また、積載量が2トン未満のトラックも普通免許で運転することが可能なので、通勤以外に営業回り、配送など自動車を使う業務に就く際に必須の免許と言えます。 普通免許の取得には約30万円ほどの費用がかかりますが、実用性の高さから最も優先して取るべき免許です。特に大型トラックの運転に必要な大型自動車免許は普通免許を持っていなければ取得することが出来ないので、仕事の幅を広げる意味でも普通免許の取得は不可欠です。また、自動車免許は公的な身分証明書としても活用出来るので、自動車を運転する機会が無い人でも取得して損はありません。"

特殊な用途の運転免許の種類と取得方法

"運転免許は一般的な自動車以外にもバイクや作業用車両の特殊な免許があります。それぞれの車両の運転に必要な免許なので、講習を受けたうえで試験に合格するのが取得の条件です。普通自動二輪免許は普通免許では運転が出来ない、排気量400cc以下のバイクに対応している免許です。中型二輪免許とも呼ばれ、日本で出回っている多くのバイクを運転することが出来ます。免許を取得するには専門の講習を受ける必要がありますが、費用は普通免許と比べると安価なので金銭面の負担はあまり大きくありません。その一方でバイクの運転は仕事よりも趣味の一環として行うケースが多いことから、汎用性は普通免許よりも低くなっています。 クレーン車やブルドーザーなどの作業車両の運転には大型特殊車両の免許が必要です。トラックの運転に対応している大型自動車免許とは異なり、普通免許を持っていない人でも取得することが出来ます。その一方で技能講習の内容は他の免許とは少し異なり、車両の運転には直接の関係は無い、作業パーツの操作方法を学ぶ項目があるのが特徴です。また、普通免許を所持している人は一部の検査や学科講習を省略出来るメリットがあります。"

運転免許を持っていれば仕事の幅が広がり、生活も便利になる

普通免許をはじめとする種々の運転免許は、所持することで仕事の幅を大きく広げることが出来ます。生活面でも買い物やドライブなどを楽しむのに便利なので、社会人になった人は普通免許の取得から始めて、仕事の内容や生活様式に適した免許を得ると快適に暮らせるでしょう。



Copyright(c) 2015 フォークリフト免許辞典 All Rights Reserved.